正直、妻とのセックスに満足できません。私と同じようにこんな悩みを抱えている人が、世間には果たしてどれくらいいるのでしょうか。意外と多いだろうなということは想像できます。不満を全く感じずに生活していける夫婦なんて、絶対にいないと思います。長く生活を続けていけば必ず、夫婦の間で価値観の合わないところや、どうしても相性の問題などが出てきます。それは絶対に避けることができませんが、要は夫婦で食い違いを感じた時、それになれることができるかどうか、我慢することができるかどうかなのです。

我慢できること、無視できることはたくさんあると思うのですが、どうしても私の場合、妻との体の相性が合わないことが残念でなりません。
こればかりは、努力で改善できない場合もあるじゃないですか。
本当に仲の良い夫婦だったら、セックスの時に感じる不満を二人で話し合って、それで改善できることなら改善するということにチャレンジするそうですが、私たちの場合は、いくら夫婦で話し合っても、セックスにおける相性の悪さを改善することができないのです。

もちろん、セックスの相性の悪さというのは妻だけの責任ではありませんから、喧嘩してどうにかなる問題でもありません。
本当に努力ではどうしようもない部分なのです。
私が妻とのセックスに満足できていないということは、妻の方もきっと、私とのセックスに満足できていないはずなのです。
でも最近では、夫婦の関係が壊れてしまうのを恐れて、お互いがどういうセックスを望んでいるのかということを、はっきりと口に出していうことは難しくなっています。
せっかく一緒に暮らしているのにお互いのセックスで満足できないなんて、これは本当に致命的なことだと思います。

夫婦生活において、セックスの相性は非常に大事な要素の一つで、はっきり言ってこれが抜群に良ければ、他の部分ではすれ違いが多くても(例えば極端な性格の不一致など)なんとかやっていけるというふうに主張する人までいるくらいです。
でも実際に私自身が、妻とのセックスに不満を感じて悩んでいるので、たぶん体の相性というのは、多くの人が想像する以上に大きな問題なのだろうと思います。

体の相性の不一致というのは、普通、結婚する前に判るものです。
大昔ならともかく、今では結婚を前にした男女が体の関係を持つことは、別に珍しくありません。
大学生の成功経験率が60パーセントだともいわれる時代です。
全員がそうだというわけではありませんが、大体二十歳を超えれば、みんながどこかでセックスを体験しているものなのです。

私たちの夫婦も、もちろん結婚の前にセックスを経験していました。
その時は特にセックスに対して不満を感じることはなかったのです。
私は結婚後、妻とのセックスに不満を感じ始めた時、どうして結婚前にはその不満がわからなかったのかということを、真剣に考え始めました。
妻にこういう話をしたわけではないので、確実なことはわからないのですが、おそらく妻は結婚前、本当は私とのセックスに満足していないのに、いかにも満足しているようなふりをしていたのではないかと思います。

いわゆる、感じているフリというやつですね。
そういうことをする女性って、けっこう多いみたいですよ。
女性は本当にしたたかで、自分にとってメリットになると思ったことなら、たいていのことはやってのけますからね。

でも、妻がそんなふうに私をだましたおかげで、性的な不一致を見抜くのが送れました。
妻としては、これくらいの問題だったら結婚後に何とかなるだろうと考えたのかもしれないし、もっと最悪な考え方をするなら、お金が目当てとかそういう考え方もあったのかもしれません。

けれども、現状では私も妻も、おそらくお互いのセックスには満足できていないわけで、このままでは欲求不満で死にそうなくらいなわけです。
なんとかしないといけないと思いました、なんとかしないと思うこと自体がきっと、私のわがままなのでしょうが、それでもやっぱり何とかしなければならないと思ったのです。
私と妻とのセックスの相性はそれくらい悪かったんです。

妻のことは今でも愛しています、セックスの相性以外のことだったら何の問題もないというか、ほとんど日の打ち所のない女性だからです。
関係のない話かもしれませんが、妻との結婚を友人などに報告したときは、本当に皆からうらやましがられました。
その時の私は本当に馬鹿だったので、妻が自分とのセックスの際、感じている振りをしてわざわざ私のやり方に合わせてくれているとは全く気付くことができませんでした。
もう少し早く、そういうことに気づくことができていれば、というふうにはもちろん思うのですが、今更そんなふうに後悔したって仕方がないのです。

だから私はhttp://xn--b9j9b7c5d8l1ds97yjsxg.com/というものを利用してセフレを募集することにしたのです。
妻を裏切ることになる罪悪感はもちろん感じていました。
けれどもできれば、妻にも出会い系サイトを利用してセフレを募集してほしいと思うくらいです。
そうすれば夫婦お互い様です。
私たちの場合は、セックスの相性の悪さ以外に問題になる部分が特にないので、お互いに体の相性がいいセフレさえ見つけることができれば、性的な欲求不満が解消されて、これまでとは違って夫婦の生活がうまくいくようになると思うのです。

できる限り、私は出会い系サイトを利用していることが妻にばれないようにしますが、仮に妻が私と同じことをしているとして、そのことについて妻をとがめるつもりはありません。妻には幸せになってほしいと心から思います。